knobbiness
clione:

この図は、現象学者ドレイファスの提唱した技能獲得のプロセスの5段階を図にして示したものだ。  職業人として、新入社員の時代からエキスパートと呼ばれる存在になるまで、われわれはさまざまな経験を積む。このプロセスは、職人道そのものである。つまり、愚直に日々努力して高みを目指すことだ。 (via 【特別版】日本の敗戦から69年目に想う|野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断|ダイヤモンド・オンライン)

clione:

この図は、現象学者ドレイファスの提唱した技能獲得のプロセスの5段階を図にして示したものだ。  職業人として、新入社員の時代からエキスパートと呼ばれる存在になるまで、われわれはさまざまな経験を積む。このプロセスは、職人道そのものである。つまり、愚直に日々努力して高みを目指すことだ。 (via 【特別版】日本の敗戦から69年目に想う|野中郁次郎のリーダーシップ論 ― 史上最大の決断|ダイヤモンド・オンライン)

『毎月新聞』(佐藤雅彦著/中央公論新社)という本のなかに、こんな文章があります。
15年くらい前に書かれたものです。
僕は、ネットが嫌になったとき、これを読み返すようにしているのです。

 故郷で独り住まいをしている高齢の母親は、テレビの野球中継をとても楽しみにしています。「この松井って子はいいよねえ」と、目を細めながら応援しています。そして、好きな番組が終わると迷いもなくテレビを消すのです。たまたま帰郷していた僕は、そんな母親のあたり前の態度にハッとしてしまいました。『面白い番組を見る』――こんなあたり前のことが僕にはできなかったのです。


 テレビを消した後、静けさが戻ったお茶の間で母親は家庭菜園の里芋の出来について楽しそうに僕に話し、それがひと通り終わると今度は愛用のCDラジカセを持ってきて、大好きな美空ひばりを、これまた楽しそうに歌うのでした。


 僕はそれを聴きながら、母親はメディアなんて言葉は毛頭知らないだろうけど、僕なんかより、ずっといろんなメディアを正しく楽しんでいるなあと感心しました。そして目の前にある消えているテレビの画面を見つめ、先日のやつあたりを少し恥ずかしく思うのでした。


 つまらない番組を見て、時間を無駄使いしたと思っても、それは自分の責任なのです。決してテレビの責任ではありません。リモコンにはチャンネルを選ぶボタンの他に「消す」ボタンもついています。


 僕達は、当然テレビを楽しむ自由を持っていますが、それと同時にテレビを消す自由も持っているのです。


ネットは、テレビに比べると、「悪口が直接自分に向かって飛び込んできやすいメディア」です。
でも、パソコンの電源を切ったり、SNSにアクセスしなければ、道の向こう側から迫ってきて、無理矢理イヤなことを目の前で叫ばれる、ということはないんですよね。
そもそも、「イヤなら、つまらなければ、観ない」という選択も、僕たちにはできる。
見に行っているのは、自分の責任でもあるのです。
わざわざウンコを触り、臭いをかいで、「うわー、なんでこんなに臭いんだよ!」って怒っているようなものです。
それが臭いのは、知っているはずなのに。
(よ・う・か・い・のーせいなのね、そうなのね?)


正直、ネットで「情報を遮断する」というのは、「テレビの電源を切る」より、難しいとは思うんですよ。
ネットには「必要なもの」「面白いもの」と、「危険なもの」「不快なもの」が入り乱れているし。


それでも、僕たちには「ネットに触れない自由」があるし、そのための手段もある。
「ネットの中で、接触するコンテンツ」を選ぶこともできる。
まあ、大概において、わざわざ不快なものを引き寄せてしまうのは、自分自身なんですよね。


いまの世の中で生きていると、あまりにも「情報漬け」の状態に慣れすぎていて、そこから自分を遮断すると、不安になってしまう。
それはたぶん、杞憂なのです。
「なにげなくテレビを観つづけるのをやめる」、というのではなく、「積極的にスイッチを切るという選択をする」ことが、大事なんじゃないかな。


ネットで自分にとって不快なものに憤って改善しようとしたり、自分を嫌っている人を変えようとするのは、あまりにも不毛な作業です。
そんなどうでもいいものに関わっているほど、人生は、長くない。


自分にとって面白いものに対する知識を深めていったり、気が合いそうな人と繋がっていくことのほうが、「ネットの効率的な利用法」だと思います。


それでもやっぱり、「暗部」みたいなものが気になってしまうのも、事実なんですけどね……
これも「妖怪のせい」なのかな。

人間は階級が自分の器に達したときにエバり始める。課長でエバる奴は課長の器。部長でエバる奴は部長が限界。社長でエバっていない奴は、さらにその会社をデカくしようという野望を持っている。しかし、たいていの人間が小さな権力を振り回したがる。ヒラの器な奴が課長になると無茶苦茶尊大になる。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/11/03(木) 13:26:34 ID:KbQKzbZP0
父「お前はガチャポンで当たったんだ。
『本当はレーザーポインターが欲しかった』んだけどな。」

33 :1:2005/11/03(木) 13:41:22 ID:KbQKzbZP0
親父は物凄い肌が黒くて、小さいころ凄く憧れた。
自分も親父みたく黒くなりたい。と思い、
親父に「どうやったら黒くなれるの?」と聞くと
「これは、コーヒーのおかげだ。俺は毎日コーヒー飲んでるからな。
 ブラジルの人も真っ黒だろ?あれはコーヒーのおかげだ。
 お前は牛乳ばっかのんでるから白いんだ。」
と言われた。それから毎日コーヒーを飲んだ。

39 :1:2005/11/03(木) 13:43:28 ID:KbQKzbZP0
母親が最近牛乳を飲まなくなったと不審に思い
問い詰めてきた。理由を話すと爆笑された。今でも覚えてる。
それ以来コーヒーは嫌いです。

46 :1:2005/11/03(木) 13:49:16 ID:KbQKzbZP0
親父は仕事柄(スポーツインストラクター)筋肉が凄い。
よく力こぶを見せてくれた。子供心にあまりに不自然だと思ったので
「何が入ってるの?」
とたずねたところ
「レモン」
という答えが。しばらく親父が不気味で近寄れなかった。

50 :1:2005/11/03(木) 14:00:01 ID:KbQKzbZP0
かつお節は生きていると言われ、お好み焼きで実践された。
「ほら、苦しい苦しいって言ってるぞ。」の言葉に血の気の引いた私は
かつお節をつまんでは投げ、つまんでは投げ
「なんでこんな事するの!?なんで!?」とわめきちらした。
今思うとかなりの馬鹿だった。

65 :1:2005/11/03(木) 14:15:10 ID:KbQKzbZP0
思い返すとまだまだあった。
正座をして足がしびれていた時、親父に相談。
「ああ、足がコーラになったんだな。水につければコーラが出来るぞ。」
迷うことなく洗面器に水をなみなみ張り、足を着けた。
しびれがとれていくと
「ああ、コーラが染み出しているんだな。」
とワクワクした。色が変わらないのが不思議だったが、飲んだ。
水だった。

69 :1:2005/11/03(木) 14:19:57 ID:KbQKzbZP0
「パセリを頑張って育てるとブロッコリーになる。」
パセリが嫌いだった私は、
「ブロッコリーなら食べれる!」
と、夕食にパセリが出た時母に
「ブロッコリーにして食べるから!ブロッコリーにして食べるから!」
と泣きながら祈願した。私の熱意に押された母は
一度だけ育てることを許可した。
私が次の日に見たものは、植木鉢の上でしなびたパセリだった。

89 :1:2005/11/03(木) 14:37:54 ID:KbQKzbZP0
サンタクロースは毎回変なものを置いていった。
一番ショッキングだったのは、
朝起きて、枕元にはちくわが一本だけだった時。
何かの間違えだと思い親父に講義(サンタが父だってのは知っていた)
親父が一言「かじってみな。」
泣きながらかじると、図書券3万円分が入っていた。

102 :1:2005/11/03(木) 14:45:40 ID:KbQKzbZP0
ディスニーランドへ行く時
「やつらとは長い付き合いなんだ。」と親父。
現地に行くと確かに、やたら馴れ馴れしく接する親父とキャラ達
子供心に「やっぱり親父は凄い人なんだ・・・。」と憧れたが
よくよく考えてみると、彼らは誰にでも馴れ馴れしいよね。

109 :1:2005/11/03(木) 14:49:45 ID:KbQKzbZP0
やつら呼ばわりだった。
話しかけに行く時も「よお!元気か?」
まるで学生のノリ。

132 :1:2005/11/03(木) 15:15:34 ID:KbQKzbZP0
回転寿司屋で、キラキラした金のお皿に乗ったマグロを見つけた。
さぞ美味しいんだろうと手を伸ばすと
「これは飾り物だから触ったらいけない。」
と言われて渋々あきらめた。
しかし、ちょうど向かいのお客さんがそれを食べているのを見て
抗議したところ
「あの人は歯が強いんだね。ほら、ボリボリいってるよ。聞こえない?」
とはぐらかされた。

181 :1:2005/11/03(木) 17:31:13 ID:KbQKzbZP0
これまで書き込んできたことについて、親父と話してた。
「はっはー!お前が子供生んだら、使ってもいいぜ。
 使用料は孫の笑顔でいい。」
あんたの娘で良かった。
気分が良いのでこれから私のおごりで外食してきます。(・ω・)ノシ

コピペ運動会 - No.5408 親につかれたひどい嘘

娘だったのか!

(via hisaruki) 2008-12-28 (via gkojay) (via oosawatechnica) (via jinakanishi) (via gkojax, pdl2h) 2009-08-07 (via gkojay)

(via ryuuya) (via nezzz) (via fukumatsu) (via konishiroku) (via fyfyfy) (via petapeta) (via noriichi)

(via tady) (via ryuicostaworld) (via nanikano) (via moonage) (via moja-moja)

(via xlheads) (via yellowblog)

「あの優れた人に比べたら私なんかダメだわ」という思いの強い人ほど、その反動として、別の誰かのことを自分よりダメだと見なして軽蔑心を抱いているものです。
「自分が思ったことを相手は返してくれる、その受け答えに応じない相手は空気が読めない」と勝手に断罪して「こいつは自分のためになることをしてくれないから構ってはいけないというか敵だ! 排除しよう!」みたいな思考にまで行く。全て「自分とそれ以外の何か」しかないから相手を認めようとしない。基本的に話題は自分が心地よくなるものしか望まない。だから他人の話なんて聞かない。

日本には「公(おおやけ)」の思想がありません。「公」というのは何か、「公共」とは何でしょうか?

 「公園」というのは、ドイツの文学者ゲーテがつくりました。ゲーテは、封建領主や貴族が独占している美しい庭園を、「すべての社会の構成員に開放せよ」と主張して、「公園」をつくらせたのです。

 そのゲーテの思想に共鳴した世界の諸国民が、すべての学術を社会の構成員に開放しようとして、「博物館」をつくる。すべての社会の構成員に美術を開放しようとして「美術館」をつくっていく。ソーシャル・インクルージョン=「誰もが排除されないで参加することができる」、これが「公」といわれるものです。

 日本人はこれを完全に忘れていますから、「民営化しろ」と言われて、「博物館」もみんな国立大学と同じように「独立行政法人」として真っ先に民営化されたんです。

 イギリスでも絶対そんなことはしません。イギリスに行く機会があったら大英博物館に行ってみてください。入館料など取られないタダですよ。「すべての社会の構成員が排除されないで開放されるもの」、それが「公」っていうことです。

人が迷惑する
ホラ話はよくないね
劇場版 それいけ! アンパンマン
ジャムおじさんの台詞 (via shouichiondemand)
社 畜 盆 に 帰 ら ず
Twitter / kx8 (via keisuh)