knobbiness
7月14日付の御社の「妻の家事ハラ実態調査」についてのニュースリリースと再現ムービーを拝見しました。ここでは、「夫の家事協力に対する妻のダメ出し行為」を「家事ハラ」と定義づけるとされています。このような恣意的な定義づけによる誤用、捻じ曲げに、この言葉の創設者として困惑しています。
 「家事ハラ」は2013年10月に私が出版した『家事労働ハラスメント~生きづらさの根にあるもの』(岩波新書)の中で創出した造語です。ここでは「家事ハラ」を、家事労働の蔑視・無視・排除といった嫌がらせ(ハラスメント)によって、これを担う人々(主に女性)に大きな不利益をもたらしている社会システムの歪みを取り上げ、「家事ハラ」によって経済力を持ちにくい立場に置かれたことが女性の貧困の増加を招いていること、男性もまた、家事労働という生にかかわる労働から排除され、ワーク・ライフ・バランスを欠いた「働く機械」として生きることを余儀なくされていることを指摘しました。
ワールドカップで日本人サポーターがゴミ拾って、隅田川の花火大会ではゴミの山になってるの、道楽にワールドカップ遠征費用を出せるようなお金持ち層と、花火大会でワンチャンセックス狙ってる層の文化的レベルの差とかそういうこと?
危険ドラッグ!全然ダメだ!無難な一般公募なんかにせずに、小林製薬に決めてもらえばよかったんだ。「ヨダレダラリン」とか「ダメニナール」とかにしてくれたはず。

親父の昔の部下が、転勤して行った先で自殺したらしい。

親父のもとにいた時からコミュニケーションが

上手くとれなくて職場でいろいろ苦労したらしい。

「薬を飲み続けてれば本当に自殺しなかったのか?」

とか聞かれた。わからないとしかいえなかった。

親父はふつうの公務員で、

仕事のあまり出来るほうじゃなかったその人に、

いろいろ世話をやいてやったらしい。

「愛想は悪くなかったが、気分の上がり下がりがあった」という。

仕事は一緒に出来てるから、無理に精神科に

引っ張っていくことはなかったけど、

心配はしていたらしい。

親父が言うには、上司として見ていて、

決して仕事が出来るほうじゃないんだけれど、

本人は「出来る」と見られたがっていたらしい。

すごく最初は愛想が良くて、何でもやろうとするけど、

負荷がかかるとすぐ萎んでしまう。

それに助け舟を出して、親父の部署にいた頃は

グダグダだったけど最後まで仕事は全うできたらしい。

移動した先での評価は「明るくて、頑張ってやれている」

との評価だったらしく、心配要らないといわれて

親父はほっとしていたらしいけど、

「グダグダと」だったその彼を「やれている」と見る上司って

要はちゃんと面倒見てないってことだから、

その彼はきつかったんだろうな、

アクセルを吹かし続けて、限界を超えちゃったんだなと思った。

そんな話を実家で飲みながらしていると、親父が

「能力以上に評価を求めてしまうことが、彼自身を追い詰めてしまったんだな」

とか言い出した。親父なりに、その彼が卑屈にならないように

評価しながら出来る仕事を当ててたらしいけど、

本人が「もっと出来る」といいだして、それを与えると自滅する・・・

だからコミュニケーションがとりにくかったらしい。

彼自身の「こんなもんじゃない。俺はもっと認められるべき」

そんな思いが、彼を追い詰めてたんだろうな・・

家族もわかってなかったし・・・・とか話す。

で、「俺は病気のことはわからんけれども、

こういうのが薬を飲めば治るというのはどうも信じられん。

ほんとに薬で治るのか?」とか言われて参ってしまった。

だから精神科は治癒っていえなくて、軽快というんだけど。

しかし、素人の意見は専門家よりずっと本質を突いていると思う。

某映画監督による、新人を見極めるポイント。 「そいつがね、面白かったという映画を説明させるんですよ。それが本当に面白そうに聞こえたら合格」 「面白かったというのは、実は言語化しづらい。それを言葉として記憶してると、後々役に立ってくる。友達が多い人間のほうが良い」 「最後は、そいつがつまらなかったと言ったものを「面白く説明してみろ」と言うんですよ。バカにしたり煽ったりじゃ駄目、本気で面白そうに思わせること。それが出来たら喰っていける」

資質の有る無し: オタク商品研究所plus (via maruura) (via katoyuu) (via babie) (via dominion525) (via ssbt) (via sryuuki) (via ultramarine) (via otsune) (via butfilp)

面白かったというのは、実は言語化しづらい

それを言葉として記憶してると、後々役に立ってくる

本気で面白そうに思わせること。それが出来たら喰っていける

(via hibiky) (via yellowblog)

(via ishizue) (via skamio) (via skamio) (via kiri2) (via ninamo44) (via takehiroyoshimura) (via darylfranz) (via aspara) (via mifei)

(via bluemann) (via kouyoujisi) (via see-you-cowboy) (via mmqqbb) (via kuriz) (via jun26) (via yellowblog)

burnworks:


知っておかないと死ぬかもしれない質問サイトの使い分け方 | オモコロ
結婚も職探しも「どうなったとしてもそこそこ上手く楽しくやっていける」ってのが本来の成熟した大人であって、かたやリクルートさんは何処かに自分とピッタリな職や伴侶がいる!って幻想を売って商売をしておられるので、賢明な学生さん達はできれば早くそのネズミの回し車から降りた方が良いよね。
ユーザーが反則技を仕掛けてくることもあります。割とあったのが「会社に来る」です。会社所在地を調べて、そこで社員を待ち伏せして何とかしようとするユーザーもたまにいます。どうしても消したい書き込みがあったり、ユーザー課金が鬼のようになったり、単純に「ブログの使い方が分からない」という理由で会社に来たユーザーもいました。反則技は一見効果的に見えますが、この反則技に企業が応じてしまうと、悪しき前例をつくってしまうことになりかねないので、企業側は絶対に応じません。話だけは聞きますが、顧問弁護士や警視庁の担当者の連絡先が予め共有されている場合が多いです。
私自身も”彼氏”(←これは向こうは認めていた)に「私達付き合っているんだよね?」と聞いたら「そういうのとは違うかな」と言われた経験があります。彼氏なのに付き合ってないってどういう事…?禅問答?
A級戦犯容疑・不起訴だった岸信介の孫である安倍を「A級戦犯の孫」と叩いてた左翼は近衛文麿の孫である細川護煕を支持するの?w
細川が祖父の墓参りをしていたなら、それはヒトラーの墓参りと同義になるんだぞw